【鹿児島】新電力のおすすめ比較ランキング!毎月の電気料金を安くしたい・お得な特典を得られるようになりたい方は必見!

新電力会社への切り替えで電気代はどれぐらい変わる?

公開日:2020/12/01  最終更新日:2021/03/22

鹿児島でも新電力会社への切り替えを検討する方が増えています。それぞれのライフスタイルに合わせて選べることや、電気代の節約も期待できます。そこで気になるのが、実際にどれぐらいの節約になるのかということではないでしょうか。ここでは鹿児島に生活拠点のある方が、新電力会社に切り替えたとき、どれぐらいの電気代を節約できるかを探っていきましょう。

鹿児島で利用できる電力プランは300以上

鹿児島県で利用できる電力料金プランは、なんと300以上もあります。想像していたよりも多いと思われるかもしれませんが、それぞれのライフスタイルに合わせて利用できるよう設定されており、九州電力の標準的な従量電灯プランよりも安くなる場合が多くあります。

比較対象となる九州電力の従量電灯プランについて簡単に説明しましょう。電気料金は大きく2つに分かれます。

1つ目は基本料金。これは契約容量ごとに異なり、まったく使用しない場合でも発生するものです。2つ目は電力量料金。こちらは使用量に応じて発生するものです。

まずは基本料金から見ていきましょう。九州電力の従量電灯Bは10A~60Aまでのプランがあります。単身向けマンションで多い30アンペアは891円、戸建住宅で多い40アンペアは1,188円です。

次に電力量料金は、3段階料金に設定されています。最初の120kWhまでが17.46円、120kWh~300kWhまでは23.06円、300kWhを超えると26.06円です。使用量が多いほど電力量料金が増えるという仕組みになっています。

新電力各社は、九州電力より基本料金や電力量料金単価を安く設定していることはもちろん、基本料金が0円に設定されていたり、電力量料金が3段階料金ではなく、一律の金額で設定されていたりします。また、夜間や休日の使用量が多い方向けに、夜間や休日がお得な料金プランがあったり、ガスや携帯電話、インターネット等とセットで契約することで、セット割引を設けていたり、それぞれ多様な工夫をしているのが新電力の特徴です。

ちなみに、kWh とは、1時間あたりの電力量を示しており、1,000Wの電力を1時間利用した場合に発生する電力量が1kWhです。「1kWhだとどうしても金額が少ないため大して変わらない」と思われるかもしれませんが、年間を通して見ると大きく変わってきます。環境省によると一般的な家庭の年間電気消費量の平均をkWhに換算すると「4,397kWh」だとしています。1年で最大数万円も変わることも珍しくありませんね。

ライフスタイルにあわせれば電気料金をもっとお得に変えられる

新電力会社に切り替える際は、ライフスタイルにあった電気料金プランを選びましょう。世帯によって生活スタイルはさまざまです。

たとえば単身やファミリー世帯、夫婦世帯といった違いにより、電気を使う時間帯や消費時間や量も違ってきますが、九州電力の従量電灯Bプランでは考慮されていません。新電力ではライフスタイルに合わせて選べるのが魅力、いわば世帯ごとにカスタマイズされた電気料金プランがリリースされています。

たとえば単身であれば1人暮らしに最適化されたプラン、夫婦+お子さんのファミリー向けに最適化されたプラン、日中の使用量が多くなるシニア世代向けに最適化されたプランなど、工夫は様々です。また、太陽光発電を設置するマイホーム向けのソーラー割引プラン、未就学児のいる家庭を対象とした子育て応援割引プラン、多彩な割引メニューを提供する新電力が揃っており、家庭ごとにあったプランを選びましょう。

鹿児島では、新電力が提供する300以上もの電気料金プランがあり、ライフスタイルに合わせて切り替える世帯も増えています。場合によっては数万円も光熱費が変わってくるため、これを機会に新電力を検討してみてはどうでしょうか。

鹿児島の新電力ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名日本ガスでんき(日本ガス株式会社)コーアガスでんき(株式会社コーアガス日本)ナンワエナジー(株式会社ナンワエナジー)九州エナジー(九州エナジー株式会社)やまとの電気
特徴ガスと電気のセット割でおトクかんたんな手続きのみで室内工事も不要ペーパーレス割引きで年間1,200円お得エネルギー総合商社でさまざまな電力サービスに取り組んでいる約50年の歴史を持つ大和電機グループ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索