【鹿児島】新電力のおすすめ比較ランキング!毎月の電気料金を安くしたい・お得な特典を得られるようになりたい方は必見!

太陽光発電の売電と買電について

公開日:2020/12/01  最終更新日:2021/03/22

太陽光発電とは建物の屋根にソーラーパネルを設置して、電力を発電するシステムのことです。新電力である太陽光発電を利用するにあたり重要なのが売電と買電です。売電と買電とは何か、またこれらの違いは何かお話しします。

売電とは・売電を行う方法とは

太陽光発電をつけるつけないに関わらず、家庭で消費する電力量のことを自家消費と言います。

過程で付ける太陽光は基本的に10キロワット以下になるので、太陽光で発電した電気は優先的に家庭内での電力消費に回されます。その自家消費よりも発電した量が多い場合、電力が余ってしまうこととなりますが、この電力量のことを余剰電力量といいます。

この余剰電力量を電力会社に買い取ってもらうことを売電と言います。売電した電力は送電線を通って電力会社へと送られます。この売電は、固定価格買取制度を使うことで、10年間決まった固定価格で売電することが出来ます。

なお、できるだけ売電収入を増やすには家庭での電力消費量を少なくすると良いです。たとえば、こまめに電源を切る、テレビやエアコンなど使用していない電化製品はコンセントを抜くなど、小さな省エネを積み重ねていけば、節電に加えて収入額の増加にもなります。

一方、発電した電気を自家消費せず、全量の売電を希望する場合は、総出力を10キロワット以上にするという条件を満たさなければなりません。その為、家庭の屋根だけに設置しているだけでは足らない可能性もあるので、その場合は設置スペースを広くする、パネルを多くするなどの工夫が必要です。

買電とは

買電とは、電力会社から必要な分だけ電力を購入することです。

鹿児島の自宅に太陽光パネルを設置して自家発電をしている家庭も、昼間は太陽光の発電絵で賄えるのでわざわざ電気を買う必要はありませんが、夜間や曇りや雨の日は発電できないため、電力会社から購入しなければなりません。

蓄電池があれば、余剰電力量を蓄電しておき、太陽光が発電しない時間は蓄電池を活用することも可能ですが、蓄電池を導入するとなるとさらに費用がかさみます。太陽光パネルの費用と合わせると合計で数百万円かかる事もあり、節電・売電したぶんで設置費用を回収するのにはかなりの年数がかかるため、導入を見合わせるという人も多いです。

新電力と太陽光発電の関係は?

売電について、太陽光発電の固定価格による売電期間は10年間、売り先は鹿児島の場合は九州電力と法律で決められています。

しかし、買電については、九州電力に10年間電気を売電している期間中でも、自由に電力会社を変更することが出来ます。売電は九州電力、買電は新電力という使い分けができるんです!

売電は固定価格によって収入を多く上げ、買電は新電力に切り替えて電気代を節約するというのは、一番賢い電気の使い方といえるでしょう。

鹿児島の新電力ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名日本ガスでんき(日本ガス株式会社)コーアガスでんき(株式会社コーアガス日本)ナンワエナジー(株式会社ナンワエナジー)九州エナジー(九州エナジー株式会社)やまとの電気
特徴ガスと電気のセット割でおトクかんたんな手続きのみで室内工事も不要ペーパーレス割引きで年間1,200円お得エネルギー総合商社でさまざまな電力サービスに取り組んでいる約50年の歴史を持つ大和電機グループ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索